MENU

カードローンはリボ払いにして上手に管理できれば大いに活用しましょう

私の上手なカードローンのやり方ですが、支払いをリボ払いで管理するということです。私はもともとカードなんて利用することが嫌いでした。現金で買う倹約志向でしたが、あることでその志向が崩れました。子供の教育費用で高額な出費がかかり、私が稼ぐ月々の薄給では生活まで影響受けてしまうことになり、とうとうカードで生活費を補填するに至りました。

 

最初は10000円ぐらいで抑えられていましたが、教育費の毎月の負担やら教材やら、教育に付随する費用があまりにも高く、10000円から20000円と生活費にかかわる費用をカードローンという形で凌いでいましたが、月々の返済は使用した金額を払うのですから、その支払いでまた生活ができなくなります。そういう時リボ払いが便利ということを知りまして、利用するようになりました。

 

10000円使用しても5000円で月がいいというやり方は助かります。もちろんリボは意外に高金利となります。5000円の支払いは実は4800円で200円は翌月に利子として繰り越す等決して良いことではありません。でも利子分を余計に損をしてでも現金を手元に残してやりくりしたり、余裕な生活を確保したいなら、リボという返済方式は必ずしも損というわけではないと思います。現金をカードローン利用して手元に残して、リボで上手に管理できるなら、大いにローン利用すべきと思います。

カードローンはリボ払いにして上手に管理できれば大いに活用しましょう関連ページ

義理の姉のカードローン