MENU

義理の姉のカードローン

義理の姉は母子家庭です。2世帯住宅を建てて主人の両親の横に住もうと2世帯住宅を建てた矢先に、借金と一緒に離婚して帰ってきました。義理の姉の主人がサラ金に手を出して、とんでもない金額だったため、その借金から逃れるためです。子供も一緒に帰ってきましたが、愛想がなく可愛くありません。

 

ある日、義理の姉の車が変わっていました。「車の修理の代車ですか?」って聞いたら、「違うの、買ったのよ。お金がないから、カードローンで借金して、買っちゃった〜〜〜。」と言われて、呆れて返す言葉が見つかりませんでした。

 

一度、主人が高金利の借入に手をつけてしまって高金利の借金に慣れてしまうと、お金の感覚、おかしくなっちゃうんでしょうか?買い物するにも、お金お借りるのも、カードローンで済ませます。母子家庭で収入が少ないくせに、高金利で借入して、困っていつも親に泣きついています。

 

母子家庭で収入が少なく、信用もなく、貯蓄もないからしょうがないのでしょうけれど、毎度のカードローンに呆れています。どうやってお金を借りることも、借りる本人の自由ですけれど、自分の収入で返せないような借金に手を出して、人に迷惑をかけるなら、カードローンしてはいけないと思います。

義理の姉のカードローン関連ページ

リボ払いで賢く管理