MENU

車の保険の更新を忘れてしまい、事故費用の全額が自己負担になった為、カードローンでお金を借りました。

結婚前に購入した車を現在も主人が通勤で利用していて、車の保険に関しても主人に任せっきりで
私はノータッチだったのです。
そんなある日、出合い頭で衝突事故を起こしてしまったのです。
事故自体は運転免許を取得してから、物損なども含めると数回経験したことが有った為、この時も車の保険会社が対応してくれると思い、主人から「出会い頭で事故にあった。対人じゃ無くて対車だったけれど、相手の車に乗っていた人が鞭打ちになったりして、今救急車を呼んでいるけど、みんなそんなに激しい怪我はしていないように思える」と話して来ました。
主人はダッシュボードの中にある車の保険証券を見たところ、更新期限が切れていたのです。
その場で車の保険会社へ連絡したところ「更新期限が切れていて、期限切れ後の事故の場合は対応出来かねます」と言われてしまい、パニックになったようです。
相手の保険会社の担当者と、主人が直接その場で話をして、今後の対応について話あったようです。
相手の保険会社の担当者の見立てや、車についていたカメラによると主人の方が標識を見間違えて、一方通行の道へ侵入してきたところが映っており、過失割合が高く相手への支払い金額は、車の修理費用と治療費を含めて120万円程の請求となりました。
うちには120万円も一括で支払いする余裕が無く、主人が銀行のカードローンを申込みをして総額125万円を借り入れし、相手の保険会社に支払いをしました。
この事故があってからすぐに、車の保険会社へ加入し、更新期限などの管理も私がするようになりました。
人生で初めて銀行のカードローンを利用しましたが、申込みからカード発行までがとてもスピーディーでビックリしています。